「すながわトリップ」は砂川の“すてき”を発信する観光情報サイトです。「飲食」「買う」「楽しむ」「泊まる」「イベント」「モデルコース・スポット」のカテゴリーの中からあなただけの“すてき”をみつけて砂川へトリップしてみませんか。

砂川市の魅力

砂川市の概要について

明治23年、未開の大地に開拓の鍬がおろされて以来、砂川市は交通の要衛、鉱工業の盛んな街として発展してきました。札幌市と旭川市のほぼ中間に位置し、東西10.5キロメートル、南北12.7キロメートル、総面積は78.68平方メートルです。東部にはなだらかな丘陵地帯が広がり、西部には石狩川と空知川が流れ、肥沃な流域を形成しています。また、街の中心部を南北にJR函館本線と国道12号が縦貫し、道央自動車道へも2箇所のインターチェンジで結ばれており、砂川サービスエリアスマートインターチェンジも開設し、交通アクセスに優れたまちです。

「すながわスイートロード」

砂川スイーツロードポスター画像

札幌から旭川へ続く国道12号沿いに点在する、お菓子屋さんの数々。昔は炭鉱で働く人たちの疲れを癒してくれた砂川のお菓子が、時代を超え美味しいスイーツとして今も引き継がれています。お店ごとにバラエティに富んだ和菓子、洋菓子を食べ比べてみるのも旅の醍醐味です。「すながわスイートロード」であなただけの一品を見つけてみてください。

ご当地グルメ「砂川ポークチャップ」

ポークチャップリンキャラクター画像

「砂川ポークチャップ」は、砂川産のトマトや玉ねぎなどを使用したご当地グルメです。洋食だけでなく中華料理や丼物、バーガーなど、お店独自に工夫を凝らした、さまざまな種類の味をお楽しみいただけます。北海道の大地で育った地元食材を使った砂川ご当地グルメを、旅の思い出にぜひご堪能ください。

ちょっと寄り道「カントリーロード」

「カントリーロード」は、野菜や果物、花を扱う農園をめぐるちょっと寄り道したくなるスポットです。国道から外れた自然豊かな裏道を、四季の風景を楽しみながらゆっくりドライブしてみませんか。あなただけの思い出の場所を見つけることができるかもしれません。

主要観光スポット

北海道子どもの国

ピサの斜塔の写真

ピラミッド・ピサの斜塔・万里の長城など、世界の七不思議が縮小されて遊具になった「ふしぎの森」や、ここにしかないたくさんの遊具で楽しめる「ヤッホーの森」など、子どもたちが自然の中で1日中遊ぶことができる公園です。

ハイウェイオアシス館

道央自動車道の上下線と直結した施設で、砂川市内のお店や、道内有名店のお土産が勢ぞろい。食事ができるスペースもあります。「北海道子どもの国」公園内にあり、広大な自然に包まれドライブの疲れをゆったり癒すことができます。

オアシスパーク

旧石狩川の跡地を利用して造成された、水辺のレクリエーション施設です。池の周囲を回る遊歩道は、自然散策、野鳥観察などを楽しめる憩いの空間として人気があります。夏にはあじさいが彩りを添え、夕方の時間帯にはピンネシリ山系を望む夕陽が美しい場所です。冬にはワカサギ釣りが楽しめます。また、遊水池の管理棟は一般にも開放され、休憩所として自由に利用できます。建物の内部にはいくつものステンドグラスが施され、降り注ぐ陽射しとともに美しい光の影を、壁面に映し出しています。雪解けの後の4月下旬から10月31日までは、オアシスパークを一周するための無料レンタサイクルの受付もおこなっています。

砂川の四季

雪に閉ざされた長い冬が明け、砂川にも遅い春が訪れます。春の砂川の見所は、北光公園の桜です。満開の桜とお花見は、砂川市民も待ちわびる春を告げる歳時記の一つです。

春のイベント

5月の第3日曜日に北光公園で開催される「すながわ緑と花の祭典」は、園芸市や花の苗の無料配布など春の訪れを感じさせてくれるイベントです。歌謡ショーやキャラクターショーがおこなわれ、大勢の人でにぎわいます。

青空がまぶしい夏の砂川の見所は、丘陵地帯に広がるラベンダーとひまわりです。小高い丘一面に広がる黒瀬ラベンダー園の畑は、ラベンダーの紫と、青く澄んだ夏空のコントラストが、どこを切り取っても絵葉書のようです。毎年20万本のひまわりを植え、訪れる多くのかたの心も癒してくれる、セラピーガーデン那須ファームのひまわり。畑一面に咲く黄色のひまわりは、北海道の短い夏の終わりに咲く「遅咲きのひまわり」です。

夏のイベント

8月上旬にオアシスパーク内で開催される「ラブ・リバー砂川 夏まつり」は、迫力ある太鼓や吹奏楽の演奏をはじめ、縁粋みこしや納涼花火大会と、趣向を凝らした内容に加え、飲食も楽しめるイベントとして、市外からも多くの人が集まります。

白樺の林を歩きながら、色づいた木々の紅葉を楽しむのも、自然豊かな公園が間近にある秋の砂川の味わいです。一年を通して季節の移り変わりを楽しめる北光公園をはじめ、オアシスパークの水辺から遠くピンネシリ山系に沈む夕日を眺める風景は、旅の疲れも忘れさせてくれる時が止まる瞬間です。

秋のイベント

9月下旬頃におこなわれる「北海道スイーツライドin北&中そらち」は、北空知と中空知を自転車で走りながら各まちのスイーツを楽しむ「自転車ピクニック」イベントです。田園風景とスイーツの両方を楽しむ事が出来ます。

11月上旬に開催される「スイーツフェスタ」は、スイートロード協議会の加盟店が一同に会するお菓子の一大イベントです。当日限定のお菓子も販売しています。

冬の砂川の見所は、氷がはった水面にうっすらと積もった白い雪。色とりどりに点在するワカサギ釣りの小さなテントは、雪のキャンバスに描かれた冬の華のようです。北海道の母なる川、石狩川の恩恵を感じる冬のオアシスパークならではの雪景色です。

冬のイベント

12月14日におこなわれる「北海道義士祭」は、赤穂浪士が眠る東京の芝・高輪泉岳寺から土を分けてもらい、墓所を建立している北泉岳寺を中心に開催されます。毎年、討ち入りの日には、赤穂浪士に扮した参加者が砂川市街を練り歩きます。